ウチは無断で入ろうとするとセキュリティ会社に連絡が行きます

以前、川崎にいる知り合いの方で「ウチは無断で入ろうとするとセキュリティ会社に連絡が行きます」という方がおられました。私はホームセキュリティー会社と契約をしたことがないので、その当たりのハイテク技術については全くわかりませんが、警備会社と警報装置がオンラインできっと繋がるようになるのでしょうね。そしてその警報装置自体も、家の中の各場所に設置されているセンサーと繋がっているのでしょうね。

豪邸に住んでいるセレブの方を題材にしたサスペンス物の洋画などでも、そうした警報装置の場面がたまに出てくることがあります。警報装置を解除すると窓を開けたりしてもセンサーが作動しないようになるらしいですね。従って、そうした方が帰宅した途端に警報装置を解除している場面なども映し出されたりすることがあります。そして、就寝前には再び警報装置を作動させるというようなことをされています。

こうした警備体制を整えるということは、私のような庶民には考えもしないようなことですが、骨董品や資産価値の高い物を所有しているお金持ちの方にとっては利用するに越したことはないでしょうね。しかも、こうしたホームセキュリティー会社との契約金も、安い契約の場合には毎月1万円弱程度らしいですね。毎月1万円弱の金額で空き巣被害が防げるのであれば、きっと利用する方も多いことでしょうね。

とくに日本は、IT産業や美容関係の産業の乱入が激しくなってきているので、そうした仕事で孫の代まで養えるお金を蓄えている方も多いのではないかと思います。そうした方は、すでにセキュリティー会社と契約を結んでいるに違いありません。毎月1万円として年間総額12万円ですが、その金額の何千倍や何万倍ものお金を年間で稼いでおられるでしょうからね。庶民には敷居の高いセキュリティー会社も、そうした方々にすれば車の保険と同じでしょうね。車の保険も掛け捨てが多いですが入らないと怖いですね。
参考:《川崎市中心部へ10分》鍵開け・カギ修理は川崎市の鍵屋さん